会社と会社が合体!M&Aってなに!?

M&Aの意味について

ビジネスの現場で時折耳にするM&Aとは、一体何を意味するのでしょうか。単語レベルで見ると、M&Aは合併を表す「Mergers」と、買収を意味する「Acquisitions」の組み合わせです。つまり、M&Aは企業同士の合併や買収を意味しているのです。
M&Aは基本的に会社同士の話し合いによって決定されるものであり、それぞれの企業にメリットがあります。まず譲渡企業に方ですが、企業の存続や発展、事業承継に関わる諸問題の解決などが挙げられます。一方、譲受け企業の方には、会社発展のために必要な経営資源を、リスクを最大限少なくして取得できるというメリットがあります。M&Aはそもそも、会社同士のWin-Winの関係が期待できる時に行われるものだと言えるでしょう。

M&Aが成功するかどうかのポイントとは?

企業同士の合併や買収によって成功するためには、いくつかのポイントがあります。まず第一に、M&Aによって相乗効果を得られるかどうかです。合併によってどちらかの会社が事業の足を引っ張ってしまっては、意味がありません。合併しない方がマシです。それぞれの企業風土が似ていて、お互いの欠点を補えるような関係性がベストだと言えるでしょう。またM&Aでは、お互いの会社や人材を尊重することも大切です。買収した企業の人間が、買収された企業の従業員に対して横柄な態度をとった場合、企業内で反乱が起きてしまい、業務が滞る危険性も出てきます。たとえどちらの立場であったとしても、それぞれの企業の人達を尊重することが重要です。