あの事件の裏にM&Aがあった?

M&Aについての紹介

M&Aとはmerger and acquisitionの略称で企業における買収や合併です。しかし、形態は様々あり企業の戦略や収益の改善により行われます。たとえば、商品のバリエーションを増やしたいが、開発や生産のリソースがない場合、他社の商品を供給してもらうOEMがあります。また、採算の合わない部門は独立させる分割であったり他社と提携する資本提携や他社と合併するなどがあります。企業が突如赤字から回復したり、有名ブランドとして知名度を上げたり、売り上げなど上位を狙うために国際競争に挑む背景にはこうしたM&Aの戦略があります。高額な資金額や、意外な企業同士が合併したり分割したりと経済ニュースとして話題になる要素があります。

M&Aの手続きについて

手続きで初めに行うことは、企業間での合意をとることで基本合意書が結ばれます。もちろん企業がオープンにして話し合わなければならないので秘密保持契約も同時に結ばれます。これらをおこなってから詳細な検討に入ります。この過程でデューディリジェンスということが行われ、リスクがしっかり検討されているかや金額が妥当であるかを査定します。一般的には公認会計士や弁理士や銀行などたくさんの第三者の視点で行います。最終的には合弁契約書など各種書類が作成され、法律事務所のチェックを経て完成させます。そして、関連官庁に提出して公式に承認を得ます。最後に、クロージングで決済日にM&Aが実現されます。当然、契約検討の過程で破たんする事例もあります。