M&Aでもたらされる利益とは?

売り手側は負債を手放せる

M&Aは会社を売却する側と買収する側とで得られる利益が異なります。売却する側の利益として、まず抱える負債を無くすことができる点にあります。もちろんそれは買収する側も納得の上のことですが、オーナーとして抱えている負債からも解放されるので借金返済の重荷から解放されることになります。事業承継において後継者がいない場合、他の企業に売却するケースでよく見られます。買収する側は、その会社の持つ技術やクライアントに価値を見出します。抱える負債も、経営ノウハウを投じることで返済できると考えるわけです。また従業員もそのまま働ける条件で売却できるケースもあるので、その家族の生活も守ることができる点も利益と考えることができます。

買収する側はすぐに技術や販路を手に入れることができる

ビジネスでは技術を培うことや販路を拡大させることに時間がかかるものです。けれどもM&Aで会社を買収することで、そのような時間をかけることなく簡単に技術や販路などを手に入れることができます。これが、たとえ負債を抱える会社であっても買収するに値する理由です。あとは事業を行うビジネスノウハウを投入することで、会社の経営を立て直すことで利益を生み出せる体質に変えることができます。また社員の仕事に取り組む姿勢などから自社社員が学ぶことが多く見いだせるという利点もあります。その結果、会社全体を活性化させることで利益率を高めることもできれば、M&Aにより大きな利益を生み出せることにつながると考えることができます。